ピアノ

近藤 真豊子 講師
担当:ピアノ

【学歴・取得学位】

武蔵野高等学校音楽科(現、武蔵野音楽大学附属高等学校)、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業。同大学大学院音楽研究科器楽専攻修士課程修了。(修士)
在学中よりウィーン,ドイツにて研鑽を積み、マスタークラスなどを受講、ウィーンにてディプロマ取得。

【職歴】

1997年 武蔵野音楽大学附属音楽教室非常勤講師(現在に至る)
2008年 武蔵野音楽大学附属高等学校非常勤講師(2015年迄)
2014年 埼玉県立松伏高等学校音楽科ピアノ講師(現在に至る)
2017年 武蔵野音楽大学非常勤講師

【演奏・研究・執筆等】

武蔵野音楽大学卒業演奏会、同大学同窓会岡山県支部新人演奏会に出演。国内においてコンクール、オーデイションに入賞入選し新人推薦コンサートに出演。ソロ以外にも伴奏、室内楽など多方面で活躍中。また2004年から、ピアニストである兄 近藤晃司がプロデュース・結成したスーパークラシックデュオTeam Alfonsoとしても活躍し、デュオコンサートなどを各地で開催。2004年より毎年、2台のピアノによる~The Piano Entertainment~と題する公演を東京文化会館(2004年~ピアノ協奏曲の夕べ~2005.2006.2007.2008)、紀尾井ホール(2008~Team Alfonso in Solo Recital~) 王子ホール(2011~preghiera祈り~ 2014~The Christmas Concert~ 2016~近藤晃司日本デビュー20周年記念公演~ 2021) 浜離宮朝日ホール(2009 2010~The Dramatic Concert~ 2012~ピアノ協奏曲の喜・怒・哀・楽~) トッパンホール(2014~The “息”~ 2015~The Dramatic Piano Concertos~) ヤマハホール(2017) JTアートホールアフィニス(2018~Team Alfonso in Solo Recital~  2019  2020~Animal Charity Concert~)などで開催し好評を博している。

1998年 第14回ムジカ・ボヘミカ演奏会に出演
2000年 王子ホールにてデビューソロ・リサイタルを開催
2002年 トッパンホールにてソロ・リサイタル開催
2003年 所沢ミューズ大ホール,福生市民文化会館大ホールにて24時間テレビ「愛は地球を救う」関連行事 読売新聞社主催『真夏の夜のコンサート』に出演
2005年 東京文化会館小ホールにて ソロ・リサイタル開催
2007年 大田区アプリコホールにて「大田区政60周年記念平和祈念コンサート」に出演
2009年 王子ホールにてソロ・リサイタル開催
2013年 サントリーホールブルーローズにてソロ・リサイタル開催
2017年 王子ホールにてソロ・リサイタル開催
2021年 王子ホールにてソロ・リサイタル開催予定

【師事】

渡辺玲子、ヤン・ホラーク、レオニード・ブリュンベルグ、アレクセイ・ナセトキン、デートレフ・クラウス、アルヌルフ・フォン・アルニム、ゲオルグ・ヴァッシャへ-リ、レウ・ナウモフ、ケマル・ゲキチ各氏に師事。室内楽法をクレメンス・ドル氏に、伴奏法をヤン・ホラーク氏に師事。

【その他】

武蔵野音楽大学福井直秋記念奨学生(1992年1993年) 
2012年 社会人のための夏期研修講座 ピアノ指導法(武蔵野音楽大学主催)講師
2014年より  日本クラシック音楽コンクール審査員(東京予選・本選・全国大会)
2017年より ベーテン音楽協会主催ベーテン音楽コンクール審査員(東京予選・本選・全国大会)
ムジカ・ボヘミカ、ピアノ新人会会員

 

近藤 真豊子
近藤 真豊子