管楽器

青山 聖樹 教授
担当:オーボエ

【学歴・取得学位】


東京藝術大学附属高校を経て、同大学に進む。
在学中ドイツ・ハノファー音楽大学に留学、シュトウットガルト音楽大学卒業。
ディプロマ・オーケストラ・ミュージシャン

【職歴】

1989年 ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー
1992年 ボン・ベートーヴェンハレの主席代行(1年契約)
1993年 ドイツ・フィルハーモニア・フンガリカ首席奏者(~1999年)
1999年 武蔵野音楽大学非常勤講師
2001年 武蔵野音楽大学専任講師
2002年 新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者(~2005年)
2007年 NHK交響楽団首席奏者
2007年 武蔵野音楽大学准教授
2016年 武蔵野音楽大学教授

【師事】


インゴ・ゴリツキー、小島葉子、北島章の各氏に師事。

【演奏・研究・執筆等】


独奏者として、ヨーロッパ各地の室内管弦楽団(コンチェルト・バンベルク、ミュンヘン・バッハゾリステン、カンマーフィルハーモニー・アマデー、フィルハーモニア・オブ・ザ・ネーションズ等)に客演し、ラインガウ・フェスティヴァル、ナーンタリ・フェスティヴァル等に出演。
日本ではアンサンブルofトウキョウ及びさいたまアンサンブルのソロ・オーボエ奏者として活躍する他、各地の音楽祭に出演。

1998年よりブダペスト・フェステイバル・オーケストラ(I.フィッシャー)にゲスト・ソロ・オーボイストとして出演。
1999年 ソウルにてコーリアン・チェンバー・アンサンブルとイサン・ユンの二重協奏曲を韓国初演、KBSテレビ放送。
2000年5月 東京文化会館(小)で初リサイタル。
2001年3月 北京交響楽団とモーツァルトのオーボエ協奏曲を演奏。
2001年4月 KBS交響楽団(ソウル放送響)定期演奏会でモーツァルトのオーボエ協奏曲を演奏。
2001年    アンサンブル・アマデーを結成・デビューリサイタル。
2001年    ベルリン・フィルハーモニー小ホールにてイサン・ユンの二重協奏曲を演奏。(ライブCD録音)
2005年    コーリアン・シンフォニーの定期演奏会でシュトラウスのオーボエ協奏曲を演奏。
2005年    ナーンタリ国際音楽祭にてイサン・ユンの二重協奏曲を演奏。

【その他】

ソリストとして共演したオーケストラ(代表):
KBS交響楽団
Korean Symphony Orchestra
Sofia Philharmonic Orchestra
Peking Symphony Orchestra
Philharmonia Hungarica
Philharmonia of the Nations
Kammerphilharmonie Amadé
Korean Chamber Orchestra
新日本フィルハーモニー
アンサンブル of トウキョウ

CD録音(代表):
Oboenquartette (Octavia)
Bach: Oboenwerke (Meister Music)
Mozart: Chamber Music for Oboe (Meister Music)
Mozart: Sinfonia Concertante (Meister Music)
Mozart & Haydn: Oboenkonzerte (Meister Music)
Isang Yun: Double Concerto (Credia Korea)
Bach: Brandenburg Concertos (EMI)
Bach: Christmas Oratorio (Teldec)
Bach: Christmas Oratorio (SEL)
Schumann / Mozart: Recital for Oboe and Piano (Genuin Germany / Korea)
Reinecke / Herzogenberg: Romantic Wind Trios (Genuin Korea)
Beethoven: Harmoniemusik (Cryston)
Bach: Cantatas for Bass & Oboe (Alm Records)

青山 聖樹
青山 聖樹