音楽学

小倉 多美子 講師
担当:作品研究、西洋音楽史、鍵盤音楽史

【学歴】


武蔵野音楽大学音楽学部音楽学学科を経て、1982年同大学音楽研究科修士課程音楽学専攻修了。修士(音楽学)

【職歴】


1982~1998年 『音楽芸術』(音楽之友社刊)編集
1999年~ 武蔵野音楽大学非常勤講師
2004~2009年 NHK交響楽団機関誌『フィルハーモニー』編集主任

【師事】


音楽学を武田明倫、ピアノを山田みつ、小竿みどり各氏に師事

【演奏・研究・執筆】


《論文》 『アレクサンダー・スクリャービンのピアノ・ソナタ』、武蔵野音楽大学修士論文、1981年度。
《共著》 『ピアノとピアニスト』音楽之友社、2003年。 『ピアノ&ピアニスト』音楽之友社、2008年。新編『ピアノ&ピアニスト』音楽之友社、2012年。『ヴァイオリン&ヴァイオリニスト』音楽之友社、2014年。

【その他】


『音楽の友』『ムジカノーヴァ』等の批評・取材執筆。
(公益財団法人)日本オーケストラ連盟発行・文化庁委託事業『日本のプロフェッショナル・オーケストラ年鑑』編集

小倉 多美子