音楽学

長岡 英 講師
担当:修士論文演習、西洋音楽史、管弦楽史、楽書講読

【学歴・取得学位】


千葉大学教育学部および東京藝術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院修士課程、ブランダイス大学大学院博士課程修了。哲学博士 (音楽学)。

【職歴】


1990~92年 東京藝術大学音楽学部非常勤講師
2005年 電気通信大学非常勤講師(現在に至る)
2007〜08年 立教大学非常勤講師
2007年 武蔵野音楽大学非常勤講師(現在に至る)
2013年 上野学園音楽大学非常勤講師(現在に至る)。

【師事】

音楽学を服部幸三、角倉一朗、土田英三郎、ジェシー・アン・オーエンス、エリック・チェイフ各氏等に師事。

【演奏・研究・執筆等】

著書(単著):『オケ奏者なら知っておきたいクラシックの常識』(アルテスパブリッシング、2014)。

著書(共著):『グリエルモ・ゴンザーガの5声マドリガーレ』(Garland、1995、共著)

訳書:ミラー著『上手に歌うためのQ & A:歌い手と教師のための手引書』(音楽之友社、2009、共訳)

主要論文:「A. Willaert の Musica Nova」(『音楽学』1991)、「Intelligibilityを求めて:アニムッチャとカトリック宗教改革」(『転換期の音楽』音楽之友社、2002)など

主要書評:寺本まり子著『詩篇の音楽』」(『立教大学教会音楽研究所ニューズレター』2006)。David J. Rothenberg, The Flower of Paradise: Marian Devotion and Secular Song in Medieval and renaissance Music (『音楽学』第58巻第1号、2012)など

研究:2014〜2016年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(一般)採択。研究課題「カトリック宗教改革期におけるローマの宗教曲の資料研究」

【受賞歴】

第18回「辻壮一・三浦アンナ記念学術奨励金」受賞。

【その他】

社会人向け音楽講座講師(NHK学園オープンスクール、2006~)。演奏会の曲目解説執筆等も手がける。

長岡 英
長岡 英