MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

弦楽器

恵谷 真紀子  講師

担当:ヴィオラ

恵谷 真紀子
恵谷 真紀子

【学歴・取得学位】


東京芸術大学音楽学部器楽科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻修了(芸術学修士)。1981~1984年ドイツ政府給費留学生としてフライブルグ国立音楽大学でマスター取得。


【職歴】


1979~1981年、1984~1986年、東京ヴィヴァルディ合奏団団員。
1985~1987年、東邦音楽大学非常勤講師。
1987~1989年、1996~1998年、フランクフルト・コンチェルトグロッソ合奏団団員。
2003~2012年、アンサンブル・ドゥ・ヨコハマの団員。(2008年から首席奏者)
2010年、武蔵野音楽大学非常勤講師、現在に至る。


【師事】


ヴァイオリンを岩淵竜太郎、ヴィオラを中塚良昭、今井信子、ウィリアム・プリムローズ、ウルリッヒ・コッホ、室内楽を巌本真理弦楽四重奏団、ハインツ・ホリガーに師事


【演奏・研究・執筆】


1983年春、夏、フランス、レザルク音楽祭にフローリン・パウル・カルテットの一員として招待される。1984年、フランス、ブザンソンにて市立オーケストラと協奏曲を演奏。
1985年、東京文化会館にてリサイタルを行う。1986年、毎日放送「音楽の旅はるか」に出演。
1986~1989年、1996~1998年、ドイツ滞在中はフランクフルトを中心に室内楽の演奏活動を行う。
2000年、津田ホールにてリサイタルを行う。2002年、松下功作曲のヴィオラ協奏曲を日本初演。
2005年からウィーン・フィルの主要メンバーと「上田京&恵谷真紀子とウィーンの仲間達」の室内楽シリーズを開催。その他、オーケストラの客演首席奏者、NHK・FM等に数多く出演。「シュルツェのいたずらオペラガイド」(音楽の友社)の訳書を出版。


【受賞歴】


1979年、ウィリアム・プリムローズ国際ヴィオラコンクールに入賞。
1983年、ドイツ放送オーデイション、室内楽部門で1位。


【その他】


日本クラシック音楽コンクールの審査員。