MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

アートマネジメント

欠田 芳憲 講師

担当:ポピュラー音楽概論

欠田 芳憲
欠田 芳憲

【学歴・取得学位】


1977年 音楽学校アン・ミュージックスクール入学。
             佐藤允彦氏にジャズピアノ、編曲を師事。


【職歴】


1980年 特待生として卒業と同時に同校講師となる。
             同年、講師推薦によりプロキーボード奏者としての活動をスタート
             する。

 [共演アーティスト]
北島健二(Gt)、三好鉄生、松原みき、ヒロスケ、本間勇輔、しばたはつみ、当山ひとみ、マルタ、ハイファイセット、 武田鉄矢、小柳ルミ子、芹洋子、西島三重子、テレサテン、西城秀樹、麻倉未希、坂田梁山、トモ藤田、ポール・ジャクソン(B)  (ハービーハンコック・ヘッドハンターズ)、谷村新司、杉山清貴、亀渕友香、金子マリ、羽岡仁、モンタナ・キング・ラムゼイ等、多くのヴォーカリストたちのステージやレコーディングを伴奏者としてサポートを務める。

1988年 作曲家として環境映像音楽やCM作品等の制作活動を始める。

1999年 NHK・BS10周年スペシャルドキュメンタリー番組「溶け合う心の絵
     の具」音楽制作。


【演奏・研究・執筆等】


《出版物》

1995年 ジャズピアノバラード集『ピアノスケッチ』をkmpより出版。

1999年 ジャズオリジナル曲集『三つの情景』(kmp)

2000年 教則本『実践ポピュラーピアノマスター』ゴスペル編、ブルース編
     を出版(ドレミ楽譜出版社)

2001年 ヒーリング・ジャズシリーズ『草原のアダージョ』 
    『海のアダージョ』を企画制作し出版。(kmp)
2001年 『ベスト・アレンジ・スタンダード・ジャズ』(リットーミュージック)


2004年 光の色が放つ高周波数に着目し、可聴領域の周波数に変換後さらに色に変換した「色スペクトル音階」を産業技術総合研究所光技術部門・色彩研究会で発表する。
同年、産業技術総合研究所光技術部門・客員研究員として招聘される。
研究テーマは、色光と音の共感覚的作用について。「科学、生理学、認知学、心理学」の多方面から研究を勧める。その後視覚と聴覚の類似性に着目した視覚的な音楽の試作を重ねる。2009年より映像の色光のスペクトルを音の倍音列に応用した『和声や音色を生成するインターフェース』の開発に斉藤啓之氏に協力を頂き着手する。

2007年 NHKデジタルラジオ番組「Welcome to Jazz!」企画制作出演。1890年頃にはじまるラグタイム・スタイルやニューオリオンズジャズから、2007年のフューチャー・ジャズまでジャズの変遷を解説と共に紹介する番組。(全10回)同年、NHK「地球ラジオ」番組テーマ曲を制作。

2007年 フレーベル館より、子供たちの即興歌遊びの絵本「つくってうたおう!きみもプチ・アーティスト!」を企画監修。「ことば」と「3つの音の高さ」、「リズム」による即興的な歌遊びを提案。3つの音を組み合わせたパターンからメロディーを作ってみる、旋律の形成パターンに着目した音楽絵本。


2009年 6月15日、1stアルバム『mind scape 心象風景』(ウェルカムミュージック制作)を発売。聴覚と視覚の共感覚的作用に着目した「音色や和音などのサウンドのグラデーションやimageの質感」を音で表現した作品集。

2010年 4月より。武蔵野音楽大学音楽環境運営学科にて「ポピュラー音楽概論」の非常勤講師を務める。世界のポピュラー音楽の形成にも影響を及ぼしたアメリカ・ポピュラー音楽のルーツや変遷について、その起源を古代ヨーロッパの民俗音楽やアフリカの民族音楽まで遡り、音楽の採譜から音楽スタイルの諸要素を分析して(形式・音階・和声・リズム・楽器)、ポピュラー音楽の形成や大衆文化の構造性について考察する音楽学。

2011年 1月21日、特許庁より「色スペクトル音階」が音階作成プログラムとして正式に認可される。(特許第4665123号)同年9月、映像の色光周波数を変換し音楽を生成するソフトウェア『Spectrum Harmony』の試作品第1号が完成。
映像やWebカメラからの色光情報を元に音へと変換し和音や音色を生成するコンセプトのクリエイティブ・ツール。

2012年 ポピュラー音楽を「理論=科学」と「音楽スタイルの形成の変遷=歴史」といった異なる2つの方向から捉えてみる音楽研究所『Knowledge of Popular Music』の制作に着手する。

2016年 ソフトウェア『Spectrum Harmony』プロトタイプが完成する。

2017年 4月、色光周波数から音色を生成する『Spectrum Tone Color』試作品第1号が完成。(ソフトウェア)
6月、ライブ・プロジェクト『ブリコラージュ・フリーセッション』を企画開催。シンプルな音楽素材を元にそこから即興的に展開を繰り広げる音楽実験的なセッション・ライブ。
9月、武蔵野音楽大学アートマネージメント科新カリキュラム「ポピュラー・カルチャー論」の担当講師を務める。1970年以降世界の大衆文化は多様化を始める傾向になったその背景について、ポピュラー音楽スタイルの変遷や新しく開発された楽器やメディアなどの環境の変化にも着目しながら考察を試みる文化学。

2018年 2月、『ワークショップ+ブリコラージュ・フリーセッション』とタイトルを改め、レヴィ・ストロースの構造学にある「相関と対比」や「分類と変換」が音楽の中でどのように機能しているかについて分析してレクチャーする『音楽の構造学』をワークショップのテーマとする。またその分析対象をポピュラー音楽とする事で、人類文化史的にも「人と音楽」の関係性について考察を試みる音楽研究会。