MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

声楽コース

舞台で歌える喜び、さまざまな楽器との共演。体が楽器の声楽の魅力を実感

声楽コース



“ 声”の持つ可能性を拡げ、 プロの声楽家や指導者に育っていく

 私たちの顔が一人ひとり違うように、声帯も声の質も異なっています。この声の特性を見つけて大事に育てていくことが、声楽を指導するうえでは、とても大切です。本学では、担当教員が学生との信頼関係のもと、きめ細やかなレッスンを行っており、学生の持つ可能性を引き出し、それが将来大きく花開くよう指導をします。声楽を学ぶには、言葉と音楽の関係を理解することが欠かせません。このために、ドイツ語、イタリア語、フランス語のディクションなど、声楽家のための語学の授業も行われます。

さまざまな演奏体験を通じて得られる力

 学内外のホールで、ソロをはじめ、重唱や合唱等の演奏会が、数多く行われます。声楽の楽しさ、難しさを経験するとともに、アンサンブルにおいては学生同士で音楽の理解を深め合います。
 総合芸術といわれるオペラを学ぶための数々の授業が開講されています。また、国内外から一流の演出家を招き、オペラ試演会やオペラ公演が開催されます。その他合唱団として本学管弦楽団や著名なプロのオーケストラと共演する機会もあります。

Professor's voice

講師( 声楽)
平良 栄一

 声楽コースでは、各学年次に応じた試験課題曲であるオペラアリア、歌曲、宗教曲、日本歌曲などを学ぶことで、各々の作曲家が言葉を通して伝えたかった想いに触れ、幅広いジャンルの中から自分に合ったレパートリーを修得することができます。日本人初の「チャイコフスキー国際コンクール」優勝者を輩出する等、着実な成果を上げている環境の整った本学で、夢の実現に向けての第一歩を踏み出してください。

専門科目

必修科目(62) 専攻実技 卒業演奏 ピアノ(副) 混声合唱 ソルフェージュ 和声 西洋音楽史
選択科目(28) 声楽アンサンブル 室内合唱 オペラ基礎演技 オペラ重唱 ディクション(ドイツ語) ディクション(イタリア語) ディクション(フランス語) レパートリー研究 ピアノ(副) ソルフェージュ 和声 対位法 楽式 楽器学 音楽美学 日本音楽概論 諸民族音楽概論

※上記の授業科目には、履修年次や履修期( 前期・後期)の指定があります。
※( )の数字は卒業に必要な単位数です。
※専門科目(必修・それぞれが目指す進路をサポートする多彩な授業 選択)とあわせてこちらの科目を履修します。

声楽コース 教育研究目的

声楽コースは、個人レッスンにおいて、発声法の基礎を修得し、これを発展させるコースである。古典から近現代にいたる声楽曲の、それぞれの様式に沿った歌唱法、また歌詞の理解と正確な発音に必要な語学力を修得し、独唱のみならず重唱・合唱・オペラ等の授業を通してアンサンブル能力を高めさせる。公開試験やさまざまな形態の演奏会等、学修の成果を発表する機会を多く設けて、実践的な経験を積ませることで、豊かな表現力を身につけさせ、声楽家、合唱団員、指導者等として文化芸術の発展に貢献できる人材の育成を目的とする。

dai9_250.jpg