MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

奨学金等

たゆまぬ理想を追求し、未来に向けて努力する人に、援助を惜しまない。

武蔵野音楽大学では、本学独自の 返還義務の無い 「福井直秋記念奨学金」制度を設けています。また学外では、日本学生支援機構の奨学金、地方の公共団体、財団法人などから奨学金の恩恵を受けることができます。

福井直秋記念奨学金

「福井直秋記念奨学金」とは、学業、人物ともに優れ、向学心あふれる学生に与えられる、返還義務の無い奨学金制度です。また平成28年度より、各入学試験によって決定される新入学生に対する奨学金は「授業料全額相当」2名、「授業料半額相当」2名、「入学金相当」20名の給付となりました。

■入学時( 音楽学部1 年次)対象

種類 対象区分 対象学年 ※給付額 採用数
特別給費奨学金
(特待生)
音楽学部 新入学生
(1年生)
授業料全額相当 2名
授業料半額相当 2名
給費奨学金 同上 同上 入学金相当 10万円 20名

    ※上記の金額は平成29年度入学生に対するものです。

■入学後対象

種類 対象区分 対象学年 ※給付額(年額) 採用数
給費奨学金 音楽学部 2~4年次 20万円 28名採用
大学院修士課程 1~2年次 22万円 16名程度
大学院博士後期課程 最短修業期間内終了での学位取得者 10万円 学位取得者
特別給費奨学金
(特待生)
音楽学部 2~4年次 該当学年の授業料全額相当 1名
外国人留学給費奨学金 外国人留学生 音楽学部2~4年次 該当学年の授業料1/3相当 1名
大学院修士課程2年次
特別成果給費奨学金 音楽的・学術的または社会的な活動において特に顕著な成果をあげた学生 全学年 30万円 若干名
緊急給費奨学金 家計の急変により、学業継続が困難になった学生 全学年 最高20万円 数名

※上記の金額は、平成28年度に支給されるものです。

福井直秋記念奨学金 奨学生のコメント

渡辺 愛菜 音楽学部ヴィルトゥオーソ学科2 年( ピアノ)

 新入生対象の特別給費奨学金の受給生として選ばれ、奨学金をいただくことができました。特待生であるという自覚を強く持ち、全身全霊で練習に励み、学科の授業や試験にも全力で取り組みながら、ヴィルトゥオーソ学科生として充実した日々を送っています。今後もさまざまなコンクールにチャレンジし、友人と切磋琢磨しながら研鑚を重ね、感動を与えられる演奏ができるように日々精進します。

入学時における特典

武蔵野音楽大学では、大学院、大学、附属高等学校および附属の幼稚園を含めて、兄弟姉妹が同じ年度に2人以上在籍する場合は、新入生の入学金相当額を免除しています。 また兄弟姉妹が同時に入学する場合は、原則としてそのうち1名の入学金相当額を免除します。


経済的負担を軽減するためのさまざまな特典

外国人客員教授のレッスンは無料

本学では多くの客員教授(外国人)が着任し、長期間あるいは短期間のレッスン、講座などを行いますが、これらの受講料はすべて無料です。

副専攻(副科)のレッスン、オーディション等による選抜者の授業、また、課外授業は無料

副専攻(例えば声楽、管・打・弦楽器専攻学生のピアノ、ピアノ専攻学生の声楽等)のレッスンはすべて無料です。また、本学では室内楽、伴奏法、指揮等、多くの選択科目の授業を開講し、オーディション等により履修者を決定していますが、これらの受講料もすべて無料です。

各種講座、課外講座の履修、聴講は無料

教職教養講座や各種の就職講座、学寮での教養講座など課外講座受講料も無料です(小額の資料代を徴収する場合があります)。ただし、教員免許課程、学芸員課程の履修費用は、履修希望者から別途徴収します。

演奏会、公開講座の入場料は原則無料、また、出演・参加費用も無料

本学では、学内外の音楽家や学生による演奏会、公開講座などを活発に実施していますが、オペラ公演など少数の例外を除き、在学生の入場は無料です。また、これらの催しへの学生の出演・参加も無料です。

演奏旅行への参加は原則無料

国内外でオーケストラ、ウィンドアンサンブルなどの演奏旅行を実施しますが、学生の出演、参加費用は全額大学が負担します(ただし海外演奏旅行の場合のみ、一部参加者負担)。

休学・留年の場合の学費軽減

半年以上休学する場合は、授業料と施設費を減額します。また、履修単位がわずかに不足し、留年、卒業保留となった場合は、不足単位数に応じて授業料を減額します。

学生保険は大学が負担

本学では全学生が「学生教育研究災害傷害保険(通学中などの傷害危険担保特約付)」に加入しますが、この保険の加入費用は、大学が負担します。

 

日本学生支援機構奨学金

国の育英奨学金制度で、経済的理由により、修学が困難な学生等に貸与されるものです。 貸与を受けた奨学金は、社会人になってから返還します。 この奨学金は、将来、社会に貢献する人材育成を目的としています。 無利子で貸与される「第一種奨学金」と、有利子で貸与される「第二種奨学金」があります。 

応募時期

進学前に申し込む予約採用と、進学してから申し込む在学採用があります。新規採用の申し込みは、4月初旬の説明会に出席し、5月初旬まで応募手続きを行います。
高校で予約採用候補者となっている場合は、「進学届」を入学後学生課に提出し手続きを行ってください。4月初旬に別途説明会を行います。

貸与月額は

第一種(無利子) 大学院 博士前期課程 月額 50,000円 または 88,000円
博士後期課程 月額 80,000円 または 122,000円
学部・別科 自宅通学 月額 30,000円 または 54,000円
自宅外通学 月額 30,000円 または 64,000円
第二種(有利子) 大学院 5万円、8万円、10万円、13万円、15万円から希望月額を選択します。
学部・別科 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から希望月額を選択します。