公開情報

大学認証評価

令和3年度大学機関別認証評価

本学は、令和3年度に(公財)日本高等教育評価機構の機関別認証評価を受審し、令和4年3月16日付で「日本高等教育評価機構が定める評価基準に適合している」と認定されました。
評価は同機構が定める6つの基準のほかに、各大学が個性・特色として重視している領域に関して大学が独自に設定した基準により行われます。
今回の受審で、評価理由に加え公表された「優れた点」は5点、「参考意見」は2点、「改善を要する点」は皆無でした。

公表された5点の「優れた点」は以下のとおりです。
○使命・目的及び教育目的などを学長による学内関係者への説明、ホームページ、シラバス、学生便覧、各種資料の配付などにより学内外へ周知を徹底していること。
○返還義務のない独自の奨学金制度を設けており、令和3(2021)年度に対象・給付額・採用数等大幅に拡充したこと。
○音響に優れた複数のコンサートホール、リハーサルホールを有しており、最適な音響を考慮したレッスン室が設置されていることは、音楽大学の学修環境として優れており、学生の学修成果及び意欲向上に資していること。
○楽器ミュージアムは、学芸員課程実習施設のみならず、希少な楽器や資料の保全の観点からも文化的・歴史的価値が大きく、一般社会にも門戸を開いていることから社会貢献においても優れた施設であること。
○江古田キャンパスは、最新の設備をそろえ、衛生面、環境保全、防災・災害対策などの安全配慮や危機管理において優れていること。

本学では、今回の評価にとどまらず、積極的に自らの課題に対し改善向上方策を実践し、高等教育機関として、また、我が国の文化芸術の振興に寄与する音楽大学として、更なる充実・発展に努めて参ります

認証評価結果

認定マーク_3回目(55mm).jpg

判定
評価の結果、日本高等教育評価機構が定める評価基準に適合していると認定する。

平成26年度大学機関別認証評価

認証評価結果

判定
評価の結果、武蔵野音楽大学は、日本高等教育評価機構が定める大学評価基準に適合していると認定する。

平成20年度大学機関別認証評価

認証評価結果

判定
評価の結果、武蔵野音楽大学は、日本高等教育評価機構が定める大学評価基準を満たしていると認定する。 

認定期間
平成20(2008)年4月1日から平成27(2015)年3月31日までとする。

条件
特になし。