コンサート・公開講座

公開講座シリーズ
ケマル・ゲキチ ピアノ・リサイタル

日 時:2022年6月30日(木) 6:30p.m.開演
会 場:武蔵野音楽大学ベートーヴェンホール (江古田キャンパス)
入場料:1,000円(全席自由) *未就学児の入場はご遠慮ください。
主 催:武蔵野音楽大学
問合せ:武蔵野音楽大学演奏部 03-3992-1120

※新型コロナウイルス感染症に関わる政府ならびに東京都の示す方針、そのほかやむを得ぬ事情により、 入場の制限、公演内容や客席配置等に変更や制限が生じる可能性がございます。ご来場の前に本学ウェブサイトでのご確認または、本学演奏部にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

PROGRAM

モーツァルト    ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331〈トルコ行進曲付き〉
W. A. Mozart    Piano Sonata No. 11, A major, K.331

ベートーヴェン    ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 Op.57〈熱情〉
L. v. Beethoven    Piano Sonata No. 23, F minor, Op.57 “Appassionata”

ショパン    ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58
F. Chopin    Piano Sonata No.3, B minor, Op.58

プロコフィエフ ピアノ・ソナタ 第7番 変ロ長調 Op.83
S. Prokofiev    Piano Sonata No.7, B-Flat major, Op.83
 

ケマル・ゲキチ Kemal Gekić

gekic.jpeg

1985年第11回ショパン国際ピアノコンクール─そのあまりにも強烈な演奏に審査が分かれゲキチはファイナリストに選ばれず、これに抗議した審査員が次々に審査を辞退するという前代未聞の事件が勃発。会場の聴衆からも圧倒的な支持を得たゲキチは、このセンセーショナルにより一躍世界に名を馳せた。翌年、これも前代未聞、聴衆の強い要望により〈幻の最終予選〉としてワルシャワ・フィルの定期シリーズに招かれ、コンクール本選と同会場、同オーケストラでゲキチは演奏を披露。ショパンのピアノ協奏曲第1番に続きアンコールはピアノ・ソナタ第3番全楽章、その圧倒的なピアニズムに聴衆は驚嘆し、今や伝説として語られる世紀のコンサートとなった。

1962年クロアチア生まれ。’82年ユーゴスラヴィアのノヴィサッド音楽院において史上最高得点でディプロマを取得、直ちにピアノ科の教員に採用される。’81年リスト国際ピアノコンクール第2位。’85年ショパン国際ピアノコンクールでの演奏に対し、ハノーヴァーのショパン・ソサエティから、最優秀ソナタ特別賞を授与され、その録音はドイツでその年だけで6万枚、日本で8万枚を売り上げた。その後ヨーロッパ10カ国、日本、カナダ、ロシア、中東でツアー。彼の演奏とその半生を綴ったドキュメント番組はイタリア国営放送、NHK、CBC等10カ国で放映され、大きな反響を呼んだ。’90年代、ゲキチは突然演奏活動から身を引き、より高いレヴェルへの到達を目指し集中的に練習的に没頭する。この充電期間の成果の一つがリストの「超絶技巧練習曲全曲集」(ビクター)であり、このCDでゲキチはリストの第一人者として不動の地位を確立。続く「ロッシーニ=リストのトランスクリプション集」(ナクソス)では、Penguin Guide to Musicから「ロゼッタ賞」を授与される。

近年もゲキチの演奏活動は更に広がり、世界中の熱狂的な聴衆の支持を受け続けている。現在、フロリダ国際大学教授。武蔵野音楽大学客員教授。