【12月13日】武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル演奏会

定期公演・地方公演

武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル演奏会

武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル演奏会

日 時:2021年12月13日(月)6:30p.m.開演
会 場:東京オペラシティ コンサートホール
入場料:1,500円(全席指定)
*未就学児の入場はご遠慮ください。
主 催:武蔵野音楽大学
問合せ:武蔵野音楽大学演奏部 03-3992-1120

※新型コロナウイルス感染症に関わる政府ならびに東京都の示す方針、そのほかやむを得ぬ事情により、入場の制限、公演内容や客席配置等に変更や制限が生じる可能性がございます。
ご来場の前に本学ウェブサイトでのご確認または、本学演奏部にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

指揮=武田 晃

PROGRAM

クレストン:祝典序曲
Paul Creston: Celebration Overture, Op.61

W.シューマン:ニュー・イングランド三部作
William Schuman: New England Triptych
  Chester チェスター
  When Jesus Wept イエス涙を流したもう時
  Be Glad Then, America 喜びあれ、アメリカ

リード:交響曲 第3番より Ⅱ. ワーグナーのポラッツィの主題による変奏曲
Alfred Reed: Symphony No.3, Ⅱ. Variations on the Porazzi Theme of Wagner

マスランカ:交響曲 第8番
David Maslanka: Symphony No.8 

 

 

takeda_akira_427_640.jpeg

武田 晃 Akira Takeda, Conductor


武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業。陸上自衛隊音楽隊幹部として、第2混成団音楽隊、第1音楽隊、東北方面音楽隊の隊長を歴任したのち、2007年から2017年まで中央音楽隊長を務め、数々の国家的行事を指揮するとともに韓国、フィンランド、米国への海外公演を成功させた。2009年と2012年、米国陸軍軍楽隊(ワシントンD.C.)、陸軍士官学校軍楽隊(ウエストポイント)に客演指揮者として招かれる。中央音楽隊を指揮したCDは30タイトル以上で、ベスト・オブ・マーチvol.2およびvol.3(フォンテック)は音楽之友社レコード・アカデミー賞を受賞した。
トランペットを故野崎季義、戸部豊、指揮を紙谷一衞の各氏に師事。2016年、Phi Beta Mu:Outstanding Bandmaster Award受賞。2017年、第27回日本管打・吹奏楽アカデミー賞「演奏部門」受賞。アメリカン・バンドマスターズ協会(ABA)名誉会員。日本スーザ協会会長。武蔵野音楽大学および尚美ミュージック・カレッジ専門学校講師。