MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

新しい教育体制がスタートします。

新しい教育体制がスタートします!

 


 武蔵野音楽大学は、さらなる教育の充実をはかるため、2017 年度よりこれまでの7学科を演奏学科音楽総合学科に再編・統合します。

 新学科では、専攻実技や専門分野の科目を充実させることはもちろん、音楽理論や音楽史などの基礎科目の充実、徹底をはかるとともに、学生のさまざまな進路に応じて、専門科目や自由科目を横断的に履修する選択肢を拡げています。また、ソルフェージュ、英語などは、学年ごとに習熟度別のクラスを編成し、学修効果の向上をはかっています。さらに、本学では「音楽芸術の研鑽」とともに「人間形成」を教育方針としており、さまざまな行事、正課外活動、サークル活動、寮生活などを通し、「人間形成」のための教育も充実させています。

演奏学科 音楽総合学科 器楽コースピアノ 声楽コース ヴィルトゥオーソコース 作曲コース 音楽学コース 音楽教育コース アートマネジメントコース オープンメジャー

 

1 セメスター制の導入と多彩な科目群の設定


全学科共通
 各年度を2つの学期に分けて、それぞれの学期毎に所定の単位を与える「セメスター制」を導入します。これにより半期で修得できる科目が増えるため、カリキュラムをより柔軟に組み立てることができます。専攻のコースに応じた専門性を高める科目と、コースにかかわらず横断的に履修できる時代に適った「自由科目」を多彩に設定して、演奏家や指導者、さらに音楽にかかわる幅広い分野で活躍できる資質を磨いていきます。

自由科目(全学科・全コースで履修可能)

(主な科目名)
ミュージカル入門、メンタルトレーニング入門、音楽療法入門、オルフ・メソード、吹奏楽指導法研究、ピアノ指導法研究、合唱指導法研究 など

2 アクティブラーニングの導入とキャリア教育の充実

全学科共通  アクティブラーニングを積極的に取り入れ、学生が主体的に目標・課題を設定して授業に参画する科目を増やします。教員と学生同士が、課題発見・解決のためのディスカッションを通して授業を創り上げていきます。
 また、キャリア教育を「キャリアデザイン(導入編)・(展開編)」として1、2年次の必修カリキュラムの中におき、本学の学生として必要な自覚とモラル、さらに社会に出てから役立つ積極性や適応能力を培っていきます。授業では各界の第一線で活躍している方を講師に招き、将来の夢の実現に向けてサポートをしていきます。

3 2 つの資格が取得可能に(教員免許・学芸員資格)

※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教員免許課程の開講時期が変更となる可能性があります。

全学科共通  平成29年度の入学生より、学科やコースにかかわらず所定の課程を修めて単位を修得することによって、教員免許(中学校教諭一種免許状・高等学校教諭一種免許状、いずれも「音楽」)と学芸員の両方の資格を取得することができるようになります。また、明星大学との提携により、小学校教諭二種免許状取得を目指す道も開かれています。

4 音楽総合学科で新しい学びのシステムを導入

音楽総合学科  音楽総合学科では、1年次で4つのコース(作曲・音楽学・音楽教育・アートマネジメント)に関する基礎的内容を幅広く学修し、2年次で4つのコースから1つを選択し、専門的な学修に移っていくという履修システムを採用します。これを「オープンメジャーシステム」といいます。
 また、希望により1年次から専門とするコースを決定する「フィックスメジャーシステム」を選択し、学修をスタートさせることも可能です。

音楽学部新学科一覧および資格課程

音楽学部(学士課程)の教育研究目的

 武蔵野音楽大学音楽学部は、本学の教育方針「音楽芸術の研鑽」と「人間形成」に基づき、専攻分野における専門的知識と技術を修得させるとともに、共通の基礎専門教育としてソルフェージュ・音楽理論・西洋音楽史等の基礎的知識、ならびに広い視野に立って総合的な考察をするために必要な教養科目(保健体育を含む)・外国語科目を教授研究する。また、さまざまなコンサート・オーディション・研究発表等の実践活動への参加、ならびに実習・課外学修・インターンシップ等の現場体験を積ませる。これらの教育研究を通じて、思考力・判断力・表現力を磨き、芸術的創造力を養い、さらに、専門家を目指して真摯に音楽活動に取り組む意欲を高めて、演奏家・作曲家・研究者・教育者・芸術活動に関わる企画・運営等に携わる者として、多様な社会の要請に応え、文化芸術活動に貢献する人格豊かな人材を育成することを目的とする。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 武蔵野音楽大学音楽学部(学士課程)の目的に基づき、4年以上在学して124単位以上を修得し、以下の知識・能力等を身につけたと認められる者に、学士(音楽)の学位を授与します。

1 専攻分野における基礎的な知識・能力に加え、専門的な能力(演奏学科では演奏能力、音楽総合学科の作曲コースでは創作能力、音楽学コースでは研究能力、音楽教育コースでは教育能力、アートマネジメントコースではアートマネジメント能力)を身につけている者。

2 正課の授業および正課外での様々な学修体験を通して、豊かな人間性と学修に対する継続的な強い意欲を身につけている者。

3 自ら考え、創造する力を育成し、予測困難な社会の諸課題に対応できる判断力、コミュニケーション能力等を身につけている者。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

武蔵野音楽大学の教育方針である「音楽芸術の研鑽」と「人間形成」を具現するため、音楽学部全2学科に専門科目として、必修科目、選択科目、自由科目を開講します。また、共通教育の科目(教養科目(保健体育を含む)、外国語科目)を置いて、各学科の教育目的に適うよう、以下のようにカリキュラムを編成します。

1 開講科目は原則として4学年を8つに区分したセメスター制とする。また、教養科目については全学年を通して履修できるよう編成する。

2 教育的見地から、年次ごとの履修単位の上限を定め、かつ3年次への進級に際しては修得すべき単位を定めた進級基準を設ける。

3 全2学科において、音楽教科の高等学校教諭一種免許状および中学校教諭一種免許状を取得するための教員免許課程と、学芸員の資格を取得するための学芸員課程を開設する。