MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

【11月5日・12日】坂東玉三郎 特別招聘教授による特別講座

~ 1%のひらめきと99%の努力 ~

〔第1回〕2020 年11月5日(木)18:00 開演 会場:ブラームスホール

1. 歌劇《魔笛》より タミーノのアリア〈何と美しい絵姿〉を題材として

2. 歌劇《魔笛》より パミーナのアリア〈ああ、愛の喜びは露と消え〉を題材として

〔第2回〕2020 年11月12日(木)18:00 開演 会場:ブラームスホール

1. 歌劇《フィガロの結婚》より
     伯爵夫人のカヴァティーナ〈愛の神よ、安らぎをお与えください〉を題材として

2. 歌劇《ラ・ボエーム》より ムゼッタのワルツ〈私が町を歩けば〉を題材として

<特別講座の入場等について>

  • 今年度の本講座は本学関係者のみご入場頂けます。
  • 本学学生は入場の際、学生証を提示しバーコードの読み込みを行ってから入場してください。
  • 附属高等学校生徒は先生の指示に従ってください。
  • 本学教職員は、事前に演奏部にて専用の用紙にお名前をご記入ください。
  • 両日とも満席になり次第、入場をお断りする場合がありますので予めご了承ください。
  • 新型コロナウイルス感染予防対策として、入場の際には手指の消毒並びに体温チェックにご協力ください。
  • ホール内ではマスクの着用をお願い致します。マスク未着用の方のご入場はお断り致します。
  • 体温が37.5 度以上の場合は入場をお断り致します。予めご了承ください。(特別な事情がある場合を除く)
  • 出演者との面会、花束やプレゼント等のお渡し、お預かりはできませんのでご了承ください。

 

坂東 玉三郎 特別招聘教授

1957年12月東横ホール『寺子屋』の小太郎で坂東喜の字を名のり初舞台。1964年6月十四代目守田勘弥の養子となり、歌舞伎座『心中刃は氷の朔日』のおたまほかで五代目坂東玉三郎を襲名。泉鏡花の唯美的な世界の舞台化にも意欲的で、代表作の『天守物語』をはじめ数々の優れた舞台を創りあげてきた。また歌舞伎の枠を超えて、世界の芸術家まで大きな影響を与え、賞賛を得てきた。若くしてニューヨークのメトロポリタン歌劇場に招聘されて『鷺娘』を踊って絶賛されたのをはじめ、アンジェイ・ワイダやダニエル・シュミット、ヨーヨー・マなど世界の超一流の芸術家たちと多彩なコラボレーションを展開し、国際的に活躍。映画監督としても独自の映像美を創造。2012年9月に、歌舞伎女方として5人目となる重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定、また2013年にはフランス芸術文化章最高章「コマンドゥール」を受章した。