MENU

武蔵野音楽学園

音高キャンパスライフ:人権教育・普及救命講習Ⅰ

ブログ

 3月15日(金)・18日(月)の二日間で、人権教育・普及救命講習Ⅰを行いました。
 附属高等学校では、建学の精神の「和」のこころの実践の一つとして人権教育を実施しています。

 今年度は、「人権」に関する講話の中で「ハンセン病」を取り上げました。音楽とバリアフリーについてのグループディスカッションも行い、音楽という自分の専門を「バリアフリー」や「ノーマライゼーション」という観点で捉え、どうやって音楽活動の一環として実践するか考えてもらいました。

 また、サウンドテーブルテニス(音の出る卓球)を実施しました。
 サウンドテーブルテニスは、専用の卓球台とボールを用意して行います。

 普及救命講習Ⅰは、「救命の連鎖」、特に「一次救命処置」の必要性を認識し実践できるよう指導するものです。救急車が現場到着するのに要する時間程度の救命処置及び止血・保温・運搬ができるということ、また、自動体外式除細動器(AED)について理解し正しく使用できるということを到達目標として行われました。

関連リンク

武蔵野音楽大学附属高等学校(音楽科)

 〒358-8521 埼玉県入間市中神728

〈入間キャンパス〉

西武池袋線 仏子駅(南口)下車 徒歩5分 キャンパス内バス運行

Eメール fuzoku@musashino-music.ac.jp

TEL 04-2932-3063(附属高校直通)/04-2932-2111(代表)  FAX 04-2932-1114