MENU
江古田新キャンパス(2017年1月末竣工)
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

打楽器

高橋 美智子  特任教授

担当:マリンバ・打楽器

高橋 美智子
高橋 美智子

【学歴・取得学位】


1962年東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、1964年同大学専攻科修了。


【職歴】


1967~2004年 東京藝術大学非常勤講師
1970~2004年 武蔵野音楽大学非常勤講師
1994~2011年 創造学園大学特別客員教授
2004~2013年 武蔵野音楽大学教授
2014年より武蔵野音楽大学特任教授(現在に至る)


【演奏・研究・執筆等】


11歳でNHKからソロデビュー、レギュラー番組をもつ。以後幅広いメディアでの活躍や国内外での数多くのソロ活動、音楽祭出演などを行う他、著名オーケストラやブラスバンドとソリストとしての共演は300回を超える。CD、DVDの分野ではベストセラーとなった「高橋美智子・驚異のコントラバスマリンバ」(CBSソニー)をはじめ、発売された26タイトルの中で「高橋美智子・スーパーマリンバ」(SONYレコード)は20年以上のロングセラーとなっている。


【受賞歴】


1956年全日本吹奏楽個人コンクール第1位、併せて朝日新聞社賞・音楽之友社賞を受賞。1973年オランダ・ガウデアムス国際コンクールで日本人初の第1位獲得、併せて国際現代音楽賞を受賞。1975年「高橋美智子マリンバリサイタル」で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。1979年松平頼暁氏に委嘱したマリンバ協奏曲「マリンバと3群のオーケストラのためのオシレーション」が東京都交響楽団との世界初演により第28回尾高賞を受賞。受賞を記念し、NHK交響楽団第805回、第806回定期演奏会で演奏、ソリストを務めた。1980年新日本フィルハーモニー交響楽団との「高橋美智子マリンバ協奏曲の夕べ」で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。1998年日本オーディオ協会賞「第三回・音の匠」を受賞。2001年東京交響楽団との「高橋美智子マリンバ協奏曲の夕べ」で第19回中島健蔵音楽賞を受賞。


【その他】


1985年15名からなる文化庁「民間芸術の振興に関する検討会議」に1年半にわたり平山郁夫、高階秀爾、森下洋子氏らと参画、さらに1986年文化庁からの依頼によりドイツ連邦共和国における文化状況および民間芸術振興の実態調査・視察を行った。2004年日本と中国の間の文化交流のため北京、上海、桂林の各地で中国の文化関係者・芸術家と交流を行った(日中文化交流協会主催)。