MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

作曲・音楽理論

坂 幸也 教授

担当:作曲、音楽理論

坂  幸也
坂  幸也

プロフィール

武蔵野音楽大学卒業。同大学院修士課程修了後、同大学研究員となる。作曲を佐藤眞、K・プリングスハイム、萩原英彦の各氏に、ピアノを石川治子、星野すみれ の両氏に師事。約50回に及ぶ自作品の発表を通して、自己表現の独自性を追求した。特にオーケストラ作品『綺羅音舞』、『交響曲第1番』にて高い評価を得 る。さらに雅楽曲『幽玄夢舞』、琵琶曲『神響の標に』等、日本伝統楽器と洋楽とのミステリアスな遭遇を意図した作品を多く発表、文化庁芸術祭参加作品とし ても好評を博した。
日本音楽コンクール作曲部門、現代音楽協会作曲新人賞、武満徹作曲賞等の主要コンクールでファイナリストとなった者、武蔵野音楽大学大学院博士後期課程を経て、「博士(音楽)」の学位を取得した者等、多くの若い有能な人材が育っている。

現在、武蔵野音楽大学教授。主要作品を以下に記す。

『綺羅音舞』~Kirano Otomai~ (1978)
『交響曲第1番』 (1981)
『時の流れの終焉、そして幻想の中でI』~ピアノによる~ (1981)
『時の流れの終焉、そして幻想の中でII』~琵琶とフルートによる~ (1982)
『幽玄夢舞II』~Yugenno Yumenomai~雅楽による~ (1984)
『神響の標にIII』~琵琶による~ (1985)
『ペガサス ストリート』~サクソフォーン4重奏による~ (1986)
『時のMAGOUTA』~バスーンとピアノによる~ (1986)
『組曲 モアイ』(2001)
〈その他多数〉