MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

音楽学

楢崎 洋子 教授

担当:音楽学特別演習、音楽学総合演習、レパートリー研究、演奏ゼミナール、プログラム文章論、特別講義、音楽史特殊研究、楽書講読(英)、音楽美学特殊講義

楢崎 洋子
楢崎 洋子

【学歴・取得学位】


東京藝術大学音楽学部楽理科、同大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻を経て、同大学院博士後期課程音楽専攻(音楽学研究領域)修了、取得学位:博士(音楽学)


【職歴】


愛知県立芸術大学音楽学部教授を経て武蔵野音楽大学教授。成城大学、東京藝術大学、大阪大学、慶応義塾大学ほかで非常勤講師を歴任


【演奏・研究・執筆等】


著書(単著):『武満徹』音楽之友社、『武満徹と三善晃の作曲様式―無調性と音群作法をめぐって』音楽之友社、『日本の管弦楽作品表1912~1992』日本交響楽振興財団。
著 書(共著):『日本の作曲 2000-2009』サントリー芸術財団、『日本戦後音楽史―戦後から前衛の時代へ』平凡社、『はじめての音楽史』音楽之友 社、『山田耕筰作品全集第1巻』春秋社、A Way a Lone: Writings on Toru Takemitsu,, Academia Music

《研究》

1995~1996年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(個人研究)採択。研究課題「現代日本の声楽作品における言葉の音響化の研究」

1997~1998年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(個人研究)採択。研究課題「武満徹の作曲様式―音の身ぶりと音楽的コンテクスト」

1999~2000年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(個人研究)採択。研究課題「前衛音楽の促進力としての民族性―20世紀初頭と1960年代の音言語をめぐって」

2002~2003年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(個人研究)採択。研究課題「20世紀の日本における作品イメージの形成―作曲活動と演奏活動の関係を通して」

2006~2007年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(個人研究)採択。研究課題「三善晃の作曲様式―器楽作品と声楽作品の相互流入による様式形成とその意義―」

2008~2010年 科学研究費補助金(基盤研究(C))(個人研究)採択。研究課題「日本の交響曲―創作のモデルとオリジナリティ、及びその受容をめぐるメカニズム―」

2011~2013年 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤研究(C)))(個人研究)採択。研究課題「器楽作品と声楽作品の関係の諸相に見る日本の作曲史」


【受賞歴】


京都音楽賞研究評論部門賞


【その他】


サントリー音楽賞・佐治敬三賞・花王芸術・科学財団音楽部門・文化庁舞台芸術創作奨励賞選考委員、日本芸術文化振興会専門委員、文化庁芸術祭音楽部門・日本音楽コンクール作曲部門・メセナ・アワード審査員等を歴任。