MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

音楽教育学科

※以下は平成28年度以前の入学生(在学生)のカリキュラムです。

音楽教育学科



優れた音楽の指導者を育成する「音楽教育学科」。

音楽教育学科では、幅広い教養と音楽の専門的知識、演奏技術を身につけた優れた音楽の指導者の育成を目標にしています。
本学科では、音楽教育の基礎理論である「音楽教育学概論」、「音楽教育史」、「音楽心理学」をはじめ、教壇に立った際、的確な指導ができるよう「教材研究演習」や「音楽教育演習」等を学び、教材への理解を深め実践的な応用力を養います。また、音楽の専門的知識を身につけるために、他の学科と同様「楽曲研究」、「西洋音楽史」、「日本音楽概論」等も学ぶことができます。
その他、教育職員免許状を取得するために必要な、教育に関する基礎知識や現代の学校教育が直面しているさまざまな問題について学んでいきます。

知識のみならず、演奏技術に磨きをかける。

演奏技術を向上させるため、この学科では4 年間、本学講師陣によるマンツーマンレッスンを「主専攻実技」として、器楽・声楽学科とほぼ同じ時間で受けることができます。また、「副専攻実技(声楽レッスンや管・弦・打楽器、雅楽・箏の中から選択)」レッスンも同時に履修することができます。
ほかにも、本学科には、クラス内にさまざまな実技を専攻する学生が在籍しているので、「合唱」や「合奏」等の授業を通じて、一人ひとり自分らしさを発揮しながら、互いを理解し、尊重し合える環境が整っています。

こころ豊かな人間を育む。

私たちは、音楽を通して、自分の気持ちを相手に伝え、また相手を深く知ることができます。音楽教育は、このような感性を豊かにし、音楽という魔法の力によって、こころ豊かな人間を育てる分野、といえるでしょう。本学では、学問的知識や演奏技術のみならず、音楽への愛情と、教育への情熱を活かし、将来、社会の音楽リーダーとして成長できるような、こころ豊かな教育者の育成を目指しています。


カリキュラム(ピアノ)

必修科目

専門 ◆ピアノ I ・II・III・IV ◆ソルフェージュ I・II ◆和声 I・II ◆音楽教育学概論 ◆西洋音楽史 I・II ◆声楽 I・II ◆音楽教育史 ◆教材研究演習 I ◆音楽教育演習 ◆卒業論文
外国語 ◆英語 I ・II・III ◆ドイツ語又はイタリア語 I ・II・III

選択必修科目

専門 ◆楽曲研究 I ◆日本音楽概論 ◆合奏 I ◆合唱 I ◆和声 III ◆西洋音楽史 III ◆音楽心理学

選択科目

専門 ◆特別実習(管楽器 I・II )(打楽器 I・II )(弦楽器 I・II)(雅楽 I・II )(筝 I・II )◆楽曲研究 II ◆諸民族音楽概論 ◆和楽器 ◆日本伝統歌唱 ◆合奏 II ◆合唱 II ◆指揮 I・II ◆指揮法 ◆ソルフェージュ III・IV ◆教材研究 ◆特別講義 ◆音楽美学 ◆教材研究演習 II ◆対位法 ◆楽器学 ◆特殊音楽史 ◆声楽III
外国語 ◆英語 IV ◆ドイツ語又はイタリア語 IV

体育科目

◆体育講義 ◆体育実技

教養科目

◆哲学 ◆倫理学 ◆日本文学 ◆西洋文学 I・II・III ◆国語表現法 ◆文化史 ◆美学 ◆日本美術史 ◆西洋美術史 ◆法学(日本国憲法を含む)◆日本史 ◆経済学 ◆西洋史 ◆生活科学 ◆音響学 ◆自然科学概論 ◆健康科学 ◆生活と法 ◆日本語 I・II (留学生)◆日本事情(留学生)

カリキュラム(管楽器・打楽器・弦楽器)

必修科目

専門 ◆専攻実技 I ・II・III・IV ◆ピアノ I・II ◆ソルフェージュ I・II ◆音楽教育学概論 ◆和声 I・II ◆西洋音楽史 I・II ◆声楽 I・II ◆音楽教育史 ◆教材研究演習 I ◆音楽教育演習 ◆卒業論文
外国語 ◆英語 I ・II・III ◆ドイツ語又はイタリア語 I ・II・III

選択必修科目

専門 ◆楽曲研究 I ◆日本音楽概論 ◆合奏 I ◆合唱 I ◆和声 III ◆西洋音楽史 III ◆音楽心理学

選択科目

専門 ◆管弦楽 I ・II・III・IV ◆楽曲研究 II ◆諸民族音楽概論 ◆和楽器 ◆日本伝統歌唱 ◆ピアノ III・IV ◆管打楽器合奏 I・II ◆合奏 II ◆合唱 II ◆指揮 I・II ◆指揮法 ◆ソルフェージュ III・IV ◆教材研究 ◆特別実習 (雅楽 I・II )(筝 I・II )◆特別講義 ◆音楽美学 ◆教材研究演習 II ◆対位法 ◆楽器学 ◆特殊音楽史 ◆声楽III
外国語 ◆英語 IV ◆ドイツ語又はイタリア語 IV

体育科目

◆体育講義 ◆体育実技

教養科目

◆哲学 ◆倫理学 ◆日本文学 ◆西洋文学 I・II・III ◆国語表現法 ◆文化史 ◆美学 ◆日本美術史 ◆西洋美術史 ◆法学(日本国憲法を含む)◆日本史 ◆経済学 ◆西洋史 ◆生活科学 ◆音響学 ◆自然科学概論 ◆健康科学 ◆生活と法 ◆日本語 I・II (留学生)◆日本事情(留学生)

カリキュラム(声楽)

必修科目

専門 ◆声楽 I ・II・III・IV ◆ピアノ I・II ◆ソルフェージュ I・II ◆音楽教育学概論 ◆和声 I・II ◆西洋音楽史 I・II ◆音楽教育史 ◆教材研究演習 I ◆音楽教育演習 ◆卒業論文
外国語 ◆英語 I ・II・III ◆ドイツ語又はイタリア語 I ・II・III

選択必修科目

専門 ◆楽曲研究 I ◆日本音楽概論 ◆合奏 I ◆合唱 I ◆和声 III ◆西洋音楽史 III ◆音楽心理学

選択科目

専門 ◆特別実習(管楽器 I・II )(打楽器 I・II ) (弦楽器 I・II )(雅楽 I・II )(筝 I・II )◆楽曲研究 II ◆諸民族音楽概論 ◆和楽器 ◆日本伝統歌唱 ◆ピアノ III・IV ◆合奏 II ◆合唱 II ◆指揮 I・II ◆指揮法 ◆ソルフェージュ III・IV ◆教材研究 ◆特別講義 ◆音楽美学 ◆教材研究演習 II ◆対位法 ◆楽器学 ◆特殊音楽史
外国語 ◆英語 IV ◆ドイツ語又はイタリア語 IV

体育科目

◆体育講義 ◆体育実技

教養科目

◆哲学 ◆倫理学 ◆日本文学 ◆西洋文学 I・II・III ◆国語表現法 ◆文化史 ◆美学 ◆日本美術史 ◆西洋美術史 ◆法学(日本国憲法を含む)◆日本史 ◆経済学 ◆西洋史 ◆生活科学 ◆音響学 ◆自然科学概論 ◆健康科学 ◆生活と法 ◆日本語 I・II (留学生)◆日本事情(留学生)

卒業後の進路

大学院進学、海外留学、大学教員、小学校教員、中学・高等学校教員、音楽教室講師、音楽隊隊員(自衛隊、警察音楽隊等)、音楽系企業、音楽出版社、音楽スキルを求める一般企業、音楽著作権関連業務、音楽療法士、福祉関係施設職員、マスコミ関係など

教育研究目的

音楽教育学科は、専攻実技レッスンや合奏に加えて、音楽教育に関する基礎理論を修得させる学科です。音楽教育学概論、音楽教育史、音楽心理学などを学び、さらに教材研究演習や音楽教育演習などにより、教材への理解を深めるとともに実践的な応用力を養い、それらの集大成として最終学年では卒業論文を作成します。様々な実技を専攻する学生との相互交流により人間的成長を図り、教育者として社会に貢献できる人材の育成を目的とします。