MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

音楽環境運営学科

※以下は平成28年度以前の入学生(在学生)のカリキュラムです。

音楽環境運営学科



感動を創造し、感動を引き出すアートマネジメント能力を持った人材を育成する学科。

この学科で専門的に学ぶのはアートマネジメントです。アートマネジメントとは、さまざまなコンサートやオペラ、バレエなど舞台芸術活動を企画、運営したり、文化施設などを管理、運営したりするなど、芸術文化の振興に資する仕事です。本学科ではそのために必要な専門的な知識修得や、舞台芸術の現場で多くの経験が積めるような独自のカリキュラムを用意しています。なお、学芸員課程を修得すると、国家資格である学芸員の資格が取得できます。

多様な社会のニーズに応えた特色ある学科。

本学科では、コンサートやオペラなどの公演を企画・制作するマネジメントの理論や、劇場やホールなど文化施設の運営について、本学のコンサートやオペラなどの公演を中心に実習を行います。講師陣には、劇場、ホールなど芸術文化活動の現場から第一人者を招聘、現場の最新技術を学ぶことができます。また、アーティストの心理を理解してマネジメントの仕事に当たれるよう、音楽理論と実技( ピアノ以外の楽器や声楽の履修者は副専攻ピアノも学べます)も併せて学びます。
さらに本学では、芸術文化活動に必要な情報の把握と処理能力の向上のため、高い機能を備えたコンピュータ・トレーニングルームのほか、コンピュータ音楽の制作施設・設備も完備し、Pro Toolsに対応したスタジオも設置しています。
なお、「学芸員」の資格も取得が可能で、わが国有数の楽器コレクションを有する本学楽器博物館や著名な劇場・ホール、芸術団体、音楽事務所等で実習を行うことにより、現場で音楽文化を学修することができます。

 

年間活動報告書

音楽環境運営学科の様々な活動(授業/見学実習/学芸員課程/コンサート・展示企画等の諸活動)をご紹介します。

 

カリキュラム

必修科目

専門 ◆音楽環境運営研究 I・II・III・IV ◆情報機器操作・処理実習 ◆西洋音楽史 I・II ◆音楽実技 I・II ◆音楽芸術運営実習 I・II ◆芸術文化政策論 ◆コンピュータ音楽基礎実習 ◆アートマネジメント論 ◆芸術関係法概論 ◆卒業論文
外国語 ◆英語 I・II・III ◆ドイツ語、イタリア語、フランス語 I・II より1科目選択

選択必修科目

専門 ◆舞台技術概論 ◆会計論 ◆広報・資料製作 ◆和声 I・II ◆劇場音響概論 ◆コンピュータ音楽応用実習 ◆音楽メディア概論 ◆演劇論・演出論 ◆劇場運営論

選択科目

専門 ◆ポピュラー音楽概論 ◆日本音楽概論 ◆楽曲研究 I・II・III ◆ソルフェージュ I・II ◆合唱 I・II・III ◆ピアノ I・II・III ◆諸民族音楽概論 ◆オペラ概論 ◆音楽美学 ◆音楽実技 III・IV ◆舞踊概論 ◆管弦楽法

教養科目

◆哲学 ◆倫理学 ◆日本文学 ◆西洋文学 I・II・III ◆国語表現法 ◆文化史 ◆美学 ◆日本美術史 ◆西洋美術史 ◆法学(日本国憲法を含む)◆日本史 ◆経済学 ◆西洋史 ◆生活科学 ◆音響学 ◆自然科学概論 ◆健康科学 ◆生活と法 ◆日本語 I・II (留学生)◆日本事情(留学生)

学芸員課程

◆博物館学概論 ◆生涯学習概論 ◆博物館学各論 I・II ◆博物館情報・メディア論 ◆博物館教育論 ◆博物館実習

卒業後の進路例

コンサートプロデューサー、オペラプロデューサー、音楽祭プロデューサー、学芸員等の文化施設専門スタッフ、音楽イベントプロデューサー、音楽ホールの企画・運営・管理、マスコミ関係 など

教育研究目的

音楽環境運営学科は、音楽についての専門的な知識と音楽実技の基礎に加え、音楽を中心とした文化芸術全般にわたる幅広い知識を修得させる学科です。音響・照明を含む劇場・ホールに関する諸々の事項、演劇・舞踊など舞台芸術、美術、文化政策や芸術関係の法制、財務のほか、コンピュータによる音楽制作、グラフィックデザイン、文書作成について学修します。学内外における各種の実習を通じて現場体験を積ませることで、高い芸術的感性と優れたマネジメント能力を養い、音楽をはじめとする各種舞台芸術や音楽文化産業を牽引するスタッフとして文化芸術の発展に貢献できる人材の育成を目的とします。