MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

演奏学科

能力や個性に合わせた密度の濃いレッスン。 高度な音楽性と技量を身につけ、やがては演奏会やコンクールに挑む。

演奏学科

 

能力や個性に合わせて質の高い学びを追究


 演奏学科の器楽、声楽、ヴィルトゥオーゾの3つのコースでは、それぞれのコースで能力や個性に合わせた個人レッスンを行います。優れた指導者による密度の濃い充実したレッスンによって、学生一人ひとりが高度な技量と音楽性を身につけることができます。さらに、本学では海外から著名な演奏家・指導者を客員教授として招き、随時特別レッスンや公開講座、演奏会などを実施しています。これらは専門分野の技術向上に役立つだけでなく、演奏学科の学生にとって専攻を超えた幅広い視野を獲得することができる絶好の機会となっています。

 舞台での演奏が多数経験できることも、本学の演奏学科の特徴の一つです。学内外のホールでのオーケストラや合唱団、ウィンドアンサンブルの定期公演やオペラ公演のほか、数々の合奏授業の発表、さらにコース別に「グループコンサート」や「研究演奏」と呼ばれる演奏会形式の公開試験を実施します。

また、国内外への演奏旅行やプロのオーケストラと共演する機会もあります。このような機会は演奏者にとって貴重な経験であると同時に、これらを目指して研鑽を積むことが各々の技術を格段に向上させることにつながるでしょう。

 演奏学科の学生には4年間の集大成としてベートーヴェンホールでの「卒業演奏」が課せられます。この演奏で優秀な成績を修めた学生は、本学卒業演奏会への出演はもちろんのこと、本学主催あるいは新聞社、一般社団法人主催の新人演奏会等に出演することができます。

新カリキュラムの特色

 高度な演奏技術と、それによる豊かな表現力の獲得のために、専攻実技の単位数を年度計6~8単位とします。
 セメスター制による体系的なカリキュラムでは、音楽家として必要な基礎能力を培う「ソルフェージュ」「和声」「西洋音楽史」等を必修科目とし、さらに各コースの特性に合わせた専門的な科目群に加えて、吹奏楽・管弦楽・混声合唱をはじめとする大規模な編成のものから比較的小規模な室内楽・重唱など、アンサンブルの科目を充実させています。
 1、2年次では基礎となる専門科目を中心に学びますが、さまざまな進路希望に対応できるよう、学年の進行に応じて、「自由科目」に設定された多彩で専門的な科目から選択して履修することが可能となっています。また、2年次まで必修となる外国語では、英語に加え、ドイツ語、イタリア語、フランス語から1科目を自由に選択できます。

 

卒業後の進路例

大学院進学、海外留学、演奏家、指揮者、オーケストラ団員、伴奏ピアニスト、コレペティトール、オペラ歌手、合唱団員、ミュージカル歌手、音楽隊隊員(自衛隊・警察等)、サウンド・クリエーター、大学教員、小学・中学・高等学校教員、音楽教室講師、吹奏楽指導者、音楽系企業、音楽出版社、音楽スキルを求める一般企業、音楽著作権関連 など

コース一覧

 

教育研究目的

演奏学科は、器楽・声楽・ヴィルトゥオーゾの3つのコースで構成される。各専攻実技(鍵盤・管・打・弦楽器および声楽)に関わる演奏技術と音楽的表現を修得させるとともに、独奏・独唱のみならず室内楽・管弦楽あるいは重唱・合唱等さまざまな演奏形態を学修させ、アンサンブル能力を高めさせる。また、演奏解釈やレパートリーの研究等により楽曲の背景にある文化や歴史への理解を深め、さらに、公開試験、オーディション・学内外で開催される各種コンサート等への出演の機会を通して実践的な経験を積ませ、文化芸術活動の発展に貢献できる人材の育成を目的とする。