MENU
江古田キャンパス
〒176-8521
東京都練馬区羽沢1丁目13-1
TEL:03-3992-1121(代表)
入間キャンパス
〒358-8521
埼玉県入間市中神728
TEL:04-2932-2111(代表)

武蔵野音楽学園

公開講座シリーズ

中村 功 打楽器公開レッスン

日 時:2018年9月25日(火) 6:30p.m.開演
会 場:武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブルホール (江古田キャンパス)
入場料:1,000円(全席自由) *未就学児の入場はご遠慮ください。
主 催:武蔵野音楽大学
問合せ:武蔵野音楽大学演奏部 03-3992-1120

中村 功

ドイツを中心に活躍するヨーロッパで最も信頼と評価の高い打楽器奏者。1958年大阪生まれ。京都堀川音楽高校、東京藝術大学、フライブルク国立音楽大学ソリスト科卒業。打楽器、マリンバを村本一洋、有賀誠門、高橋美智子、ベルンハルト・ヴルフに師事。
86年、ダルムシュタットにてクラーニッヒシュタイナー音楽賞、92年度青山音楽賞特別賞、2004年、イシハラホール公演「三井の晩鐘」にて第4回佐治敬三賞受賞。
これまでに、シュトックハウゼン“Michael’s Reise um die Erde ソリスト編”(1986)、ノーノ“Risonanze Erranti”(1986), カーゲル“L’art Bruit”(1995)、細川“線VI”(1993)等、多くの作品を初演。
シュトックハウゼン、ケージ、ノーノ、カーゲル、ラッヘンマン、ホリガー、リーム、イヴォンヌ・ロリオー、ツァグロツェック、スローン、シュトックハンマー、大野和士、高関健、ザールランド放送響、ケルン放送響、バイエルン放送響、シュトゥトガルト国立オペラ管、ボルドー国立オペラ管、RAIイタリア国立放送響、東京フィル、大阪フィル、東京都響等と、音楽祭、演奏会、テレビ、ラジオ、CD・DVD録音等で、ソリストとして共演。又、ベルリン音楽週間より招待され、ベルリンフィルハーモニー室内楽ホールにてリサイタルを開催。
その他、ザルツブルク音楽祭、ウィーンモデルン、ルツェルン音楽祭、パリの秋、ムジカストラスブール、ハーダーズフィールドフェスティバル、ミラノ・トリノ国際音楽祭等、数多くの音楽祭にて演奏。
細川俊夫、クラウス・フーバー、ペーター・エトヴェッシュ、ヨンヒ・パクパーン、ロベルト・HP・プラッツ、ゲルハルト・シュテーブラー等、多くの作曲家から曲を献呈され、世界初演する。
バイエルン放送響と共演したディター・シュネーベルの「エクスタシス」が、DVDとしてWERGOから発売され、ケルン放送響と世界初演した細川俊夫の打楽器協奏曲「旅人」がイタリアのStradivariusからCD発売されている。
また、95年、ピアニストのハン・カヤと“Duo Konflikt”、06年、“Isao Nakamura Percussion Ensemble”10年、“Isao Nakamura and Friends /中村功と仲間たち”を結成。後進の指導にもあたり、94年より06年までダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会常任講師、91年より98年まで秋吉台国際現代音楽セミナー&フェスティバル常任講師、1992年よりカールスルーエ国立音楽大学教授。YAMAHAアーティスト。京都市立芸術大学客員教授。

関連リンク